top of page

日本イスラム協会 2017年春季公開講演会のお知らせ

更新日:2018年10月25日

イスラームにおける信仰論:全容と真髄」 イスラームの中核としての信仰を論じる:真の理解を求めて

入場無料 (申し込み不要) お問い合わせは当協会まで

●日 時:2017年5月13日(土)午後2時~4時50分  会 場:東京大学文学部法文2号館2番大教室(本郷キャンパス) http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html

●講演者と演目

・水谷周(アラブ イスラーム学院・学術顧問)  「イスラーム信仰論の全貌」 ・松山洋平(名古屋外国語大学講師)  「イスラームにおける信仰の条件:罪ある者と無知なる者の信仰」

※工事中のため、分かり難いので正門からお入り下さい。  正門を入って直進し、3本目の道を右に曲がり、アーケードに入って下さい。アーケードの中ほどにある左側の入口から入り、2階に上がって下さい。 ※バリアフリー支援が必要な方は、事前に下記連絡先までご連絡ください。

【お問合せ】 一般社団法人日本イスラム協会 (東京大学 大学院人文社会系研究科・文学部 イスラム学研究室 協賛) TEL&FAX:03-5841-3778 e-mail: ais[#]l.u-tokyo.ac.jp ([#]の部分を半角の@に変えて下さい)

講演会のチラシはこちらをクリックして下さい→2017年春公開講演会V4.pdf 

最新記事

すべて表示

ガザをめぐる事態への憂慮について(理事会声明)

2023.11.1 ガザをめぐる事態への憂慮について 先般より、ガザとその周辺地域において、おびただしい数の人命が失われています。われわれはこの状況に接して、衷心から哀悼の意を表するとともに、事態を深く憂慮し、ここに以下の声明を発出します。 第一に、われわれは同地にいる全ての人々の生命、および人間としての尊厳が守られるよう強く訴えます。様々な立場を乗り越え、目前に生じている人道的危機を食い止め、さ

Comments


bottom of page